高齢者の免許事情。ドライバーの高齢化が進む日本。宅配サービスの利用は悲惨な事故を回避する一つの手段になるかもしれませんね。

2017年8月4日 TBS 爆報!THE フライデー【あの人は今&高齢ドライバーを大調査SP】が放送されていました。

ドライバーの高齢化が問題になっている現在。高齢者の免許更新や、運転状況についての取材は大変参考になりました。

便利な宅配サービスが増えている昨今。等サイトでも宅配サービスのおすすめ情報・お役立ち情報を発信していければと思います。

年齢等、2017年8月4日放送時点での情報となります。

ぎんさんの四姉妹 四女・美根代さん 93歳 免許返納

きんは100歳 ぎんも100歳 で一世を風靡した きんさん ぎんさん。そのぎんさんの四姉妹は今 平均年齢97歳 だそうです。

5年ほど前に注目を集めたこの四姉妹。的確で辛口な人生相談が話題となりました。中でも四女・美根代さんは運転が好きだったのですが、現在は運転しておらず、2年前に免許を返納したそうです。

さすがに90歳ともなると、ご家族でも心配してしまいますね。

コロムビア・ローズさん 84歳 運転続行

元気に運転をしており、3年後も免許更新する予定だそうです。

高齢者認知機能検査

皆さんは高齢者認知機能検査をご存知でしょうか。
警視庁サイト
https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/ninchi.html


75歳以上の人が免許更新時に必ず受ける試験で、8年前(2009年)から導入されたものだそうです。

1.時間の見当識・・・検査時における年月日、曜日及び時間を回答

2.手がかり再生・・・イラストを記憶し、関係ない課題の後、最初のイラスト記憶しているか(ヒントもあり)

3.時計描写・・・文字盤の描写と、指定された時刻の針を描く
認知症の方の場合、文字盤にバランスよく数字を書くことができない場合があるということです。

といったもので、結果次第では免許停止・免許取消(49点未満の場合認知症のおそれあり)になります。

コロムビア・ローズさんは84点で問題ありませんでした。更新時にこのような試験があるとは知りませんでした。

女優 高田敏江さん 82歳 運転続行

現在も無事故無違反でゴールド免許を継続中だそうですが、ご家族には反対されているそうです。

ちなみに、
アンガールズ田中さんの祖父(94)は免許返納。
オリラジ藤森さんのお母様(65歳)は「運転に自信がないから」と自ら運転を辞めたそうです。

車やバイクがあると便利です。これまで生活の一部にしていたものが使えなくなるというのはなかなか不便なものですよね。

しかし、なにかこれまでと違う兆候を感じたり、運転が大変に感じることがあったら、ご自身の判断で免許を返納されることも考えた方がよいかもしれませんね。

風見しんごさんのお父様

風見しんごさんは、父から車の鍵を奪い取ったというお話をされていました。

18歳で免許を取得し、車が大好きだった風見しんごさんのお父様ですが、ある時期から危険な兆候が現れたそうです。

危険な兆候1 他人の車を開けようとする

同型の車を勘違いして開けようとし、警察沙汰になってしまったそうです。風見さんはこの時は重く捉えなかったそうです。

危険な兆候2 高速道路で急停止

高速道路の真ん中で急停止し、「信号が赤だから・・」と友人を驚かせたそうです。そのご友人からの電話で風見さんも驚かされたんだとか。

他にも、長距離をタクシーで移動するなど、奇妙な行動が目立ち、風見さんも「目が別人のようになった」と語っていました。

若年性アルツハイマー

このような経緯から病院での診断をしたの結果、若年性アルツハイマーと診断されました。

風見さんは車の鍵を隠し運転をさせないようにしたそうですが、ある日運転するといって聞かない父ともみ合いになり、鍵を取り上げたそうです。

風見さんといえば、娘さんを交通事故で亡くされたことでも有名です。

父から鍵を奪ったことを後悔していた風見さんですが、娘の命を奪った悲惨な事故を通し、「父が事故を起こす立場になったかもしれない」と考え、父に運転をさせないという選択は間違っていなかったんだと強く思い直したそうです。

最近、筆者の90歳を越えた祖母も病院で認知機能の診断をしました。そして、子供も大きくなってきました。このような経験をされた風見さんは、本当に大変だったと思います。

車は便利なものですが、一歩間違えれば危険なものになるということも忘れてはなりませんね。2種免許を持ち、運転手の仕事をしていた父も、「危険なものに乗っているという認識を忘れてはいけない」とよく語っていました。

運転に決して「大丈夫」はない

運転に決して「大丈夫」はない。


高齢者の事故ばかりがクローズアップされているように感じますが、年齢にかかわらず、事故はおきます。

例えばアクセルの踏み間違え事故は全年齢で存在し、18-29歳の事故件数が75歳以上の事故件数を上回ることも分かっています。

国土交通安全学会
平成22年度 アクセルとブレーキの踏み違え エラーの原因分析と心理学的・工学的対策の提案
http://www.iatss.or.jp/common/pdf/research/h2294.pdf
より

体調が万全でないときは、判断ミスが大きな事故につながる可能性もあります。年齢に関わらず体調が悪い・睡眠不足などのときは運転を控える心構えが大切ですね。

当サイトの記事に掲載されている情報の正確性や有益性などを保証するものではありません。「デリーベリー」では、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負うことはできません。記事に掲載される情報やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細は必ず公式サイトなどをご確認ください。

関連のあるおすすめ宅配情報

コメント・口コミをどうぞ

メールアドレスやウェブサイトの記入は任意です。お気軽にコメント下さい。

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA